おすすめ電気工事士の工具 | ケーブルストリッパー

電気工事 ケーブルストリッパー

電気工事ではさまざまなケーブルを使います。
屋内配線などではVA、OP、VCTFなどなど、
また、引き込み幹線や送り幹線などでは、
SV、CV、CVTなどなど用途に合わせて、
適切なケーブルをチョイスして使用します。

 

いずれも、シースと呼ばれる絶縁被覆に覆われていて、
ジョイントや盤接続などの際に、シースを剥がさなくてはなりません。

 

でもこれが、けっこう面倒な作業で、
1本2本なら、電工ナイフを使って行ってもさほど苦になりませんが、
これが、束になっていたらもう大変です。(>_<;)

 

仮にそんな状況で、電工ナイフを使って全ての被覆を剥がそうとすると、
指は痛くなるし最後には攣りそうになることも…

 

みなさんも、こんな経験をしたことがあるんじゃないですか。

 

私もかつて会社務めだった頃、社長がケチで工具を買ってくれなかったので、
仕方なく、自分で購入して使っていましたが、
こんなものくらい作業員一人一人に、
配布すべきものだと思いませんか。

 

ですから、私は独立開業を機に、
まとめて購入して、いつでも使えるように用意するようにしています。
事務所に置いておけば、必要なときに持ち出せますし、
仮に、使用日が重なっても問題ありませんからね。^^

 

腰周りの工具は、自分のものですから、
ダメになったら、買い替えるなりするのは仕方ないにしても、
現場作業に必要な工具は会社が用意すべきものですし、
その工具が有ることで作業時間が短縮され、
結果的に、経費の削減に繋がれば問題ないわけです。

 

なんと言っても、現場経費で一番ウエイトを占めるのが、
人件費ですから、その削減ができるんだったら、
小さな工具くらい、すぐに元が取れておつりがくるでしょう。

 

そう考えれば、工具なんて安いものです^^
でも、こう考える社長や親方って本当に少ないようですね。
ですから、みなさん個人で購入してるようです・・・

 

でも、そうして少しずつ工具を揃えておけば、
独立開業するときには初期投資が少なくなりますから、
物事はポジティブに考えていきましょう。(^○^)/

 

ということでここでは、いろんなケーブルストリッパーを紹介しておきますので、
みなさんの使いやすいと思うものを選んでください。

厳選! ケーブルストリッパー

デンサン(DENSAN)ケーブルストリッパー

デンサン(DENSAN) ND-800

デンサン(DENSAN) ND-800L

デンサン(DENSAN)
ケーブルストリッパー
ND-800

デンサン(DENSAN)
ケーブルストリッパー
ND-800L

楽天はこちらデンサン(DENSAN) ND-800 楽天はこちらデンサン(DENSAN) ND-800L

デンサン(DENSAN)のケーブルストリッパーの紹介だけど、こんなの今更、紹介するまでもなく知ってますよね。
(^^;)
使い方も紹介するまでもないでしょう。

 

でも、もし使い方を知りたいという方がいらしたら、こちらが参考になりますよ。
実践 電気工事

 

続いて、ほかのメーカー品も紹介しておきます。

 

マーベル(MARVEL)ケーブルストリッパー

マーベル(MARVEL) MC-012

マーベル(MARVEL) MC-180

マーベル(MARVEL)
ケーブルストリッパー
MC-012

マーベル(MARVEL)
ケーブルストリッパー
MC-180

楽天はこちらマーベル(MARVEL) MC-012 楽天はこちらマーベル(MARVEL) MC-180

マーベル(MARVEL)のケーブルストリッパーだけど、あまり使っている人を見かけません。
独特の形状で、私も使ったことが無いので、コメントの書きようがないので、みなさんで判断してください。

 

続いて、ほかのメーカーも紹介しますが、どれも使い方は、同じようなものなので、どう思うかだけだと思います。

 

他のメーカーのケーブルストリッパー

ロブテックス(エビ) ケーブルストリッパー 8~28mm CS28

クニペックス(KNIPEX) 1630-135

VESSEL(ベッセル) No.3700KM

ロブテックス(LOBSTAR)
ケーブルストリッパー
CS28

クニペックス(KNIPEX)
ケーブルストリッパー
1630-135 (SB)

VESSEL(ベッセル)
ケーブルストリッパー
3700KM

楽天はこちらロブテックス(LOBSTAR) CS28 楽天はこちらクニペックス(KNIPEX) No.1630-135 楽天はこちらVESSEL(ベッセル) No.3700KM

ここまでは、一般的なケーブルストリッパーだったけど、次は、ちょっと変ったタジマツール(tajima)のムキチョッパという、挟み型のケーブルストリッパーを紹介します。

 

タジマ(TAJIMA)のムキチョッパ

タジマツール(tajima)DK-MC40

タジマ(tajima) DK-MC40L

タジマツール(tajima)
ムキチョッパ
DK-MC40

タジマツール(tajima)
ムキチョッパ
DK-MC40L

楽天はこちらタジマ(tajima) DK-MC40 楽天はこちらタジマ(tajima) DK-MC40L

このタジマツール(tajima)のムキチョッパも、私は使ったことが無いし、よその電気屋さんが使っているのをチラッと見た程度だから、コメントは控えておきます。
みなさんの知り合いで使っている人がいたら、使い勝手などをリサーチしてから、選ぶことをおすすめします。

 

最後に最近買って使ってるマーベル(MARVEL)のケーブルストリッパーを紹介しておきます。

マーベル(MARVEL)

マーベル(MARVEL) MC-6014

楽天はこちらマーベル(MARVEL) MC-6014

マーベル(MARVEL) ケーブルストリッパー MC-6014

これは、腰袋に入れて歩けるサイズのもので、IV・CV・CVTなどの被覆剥きが簡単にでき、適応サイズも14s~60sqまでと、比較的よく使うサイズなので、戸数の多い集合住宅の仕上げなんかの時には、本当に便利です。

 

電気工事には、どれか持っておくべきでしょう。
効率的に作業ができからね。
(^_-)-☆

 

 



ページトップへ戻る



(おすすめ電気工事の工具)は、
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによりサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。